本当の「自由」って何だろう?

「自由」の本当の意味

「自由に生きる」ってどういうこと?

「あぁ~、もっと自由に生きれたらいいのに!」

「自由になりたい~!」

なんて聞いたことよくあるし、自分も言うときありますよね!
私も「自由に生きたい!」と漠然と長らく思ってました。

「自由」という言葉の響きは

縛られているものからの開放、という印象が大きいですよね。

「自由に生きる」

  • 好きな時に好きなところへ行ける
  • 好きな時に好きなものを手に入れられる
  • 好きな時に好きな人と会える
  • 誰にも邪魔されずに気ままにやりたいことをやる

こうゆう生き方を連想しますよね!
悪く言うと欲望の赴くままに行動できる生き方、ですね。

でもこれって本当に「自由」なのでしょうか?

「自由」は欲望のままに行動することじゃない

昨年インドにてヨガを学んだ時に
本当の意味での「自由」を
ヨガの哲学を通して考える機会となりました。
(インドでのヨガ留学については別記事に書くよ!)

欲望を叶えられること≠自由

本当の自由は

自分の欲望に気づきそれを自由にコントロールできること

ということです。

 

つまり、

まず 自分の欲望に気づく 必要があります。

例えば、「チョコが食べたいな~」とか
「ちょっと眠いな~」とか。
その欲望に対し、意識をもって行動を選択すること が自由です。

そのためには
欲望が現れた時にどんな欲望なのかしっかり見つめ、

その欲望の奴隷とならないように
自己制御するのです。

欲望は尽きることはありません。
一つの欲望が叶うと、また次の欲望が出てきます。

欲しい服を買ったから
次はそれに合う新しい靴が欲しい!みたいに。

どうしたら「自由に生きる」ことができる?

欲望を否定する必要はありません。
それは自分を否定していることに繋がるから。

「あぁ、またチョコ食べたいって思ってる…私ってホントダメ…」

って否定するのではなく、

「今、自分はチョコが食べたいけど夜に食べると体に良くないから明日のご褒美にしよう!」

みたいにポジティブに考えるといいと思います。

少しずつ自分の欲望に気づいていくことから始めるといいと思います。

私も日々欲望に耳を傾けますが
欲望のままに行動しちゃうこともあります…
ちょっとずつですね!

それが私たちにできる最短な方法だと思います。

「人間」らしく生きる

欲望という本能を制御しない生き方は
動物の生き方と同じ、とも言えます。

私たちが自由に生きることは、
人間らしく生きることでもあるのです。

意識を持って行動を選択することは人間だからできることだから。

(インドの海辺で)